芸術作品制作の経済学

芸術作品を制作するときにも、効率ということを意識する必要があるでしょうか?

芸術作品と経済性

芸術と経済はまったく相反するものと考えてはいないでしょうか?。

歴史に残る大家の多くは、単にひとつかふたつの作品で名を残しているのではなく、作品全体で評価されています。
そして重要なことは、多くの場合、膨大な数の作品を仕上げているということです。
また、作品を仕上げる速さが早いことが知られている大家も数多くいます。

膨大な数の作品を仕上げるためには、材料についても時間についても効率的・経済的な使い方が必須です。

たとえば、油絵のようにいくらでも絵の具を重ねることができる分野では、 時間をかけて絵の具を塗り重ねて「描き込んだ」絵があたかも良いかのような風潮が一部にあります. しかし、重要なのはできた作品の質ではないでしょうか。


新しい技術の活用

新しい技術を活用して、消費する時間や材料を少なくすることができます。

たとえば、油絵の場合、写真やデジタル絵とプリンタを使うことで、それらを使わない場合に比べて、 消費する時間や材料を大幅に少なくすることができます。
そして重要なことは、そうして節約できた時間や材料を使って、さらに別の作品を作ることができるということです。