後片付け

絵を描くのは楽しい作業ですが、後片付けはときに面倒です。 ここでは後片付けの時のアイデアを紹介します。

ペーパータオル

一般的には、洗った筆を拭いたり、パレットを掃除するときにはぼろきれ(ウェス)を使うでしょう。
それで構わないのですが、いつも手ごろなぼろきれが用意できるとは限りません。
だからといって、わざわざお金を出してウェスを買うのもためらわれます。

そこでよく使われるのが古新聞紙ですが、ネットが発達した最近では新聞を取っていない場合もありますし、 新聞紙が吸収できる水やオイルの量は必ずしも多くはありません。 また、細かいことを言えば、新聞紙のインクが筆などにつきそうであまり良い気分ではありません。

そんな時に使えるのが、ペーパータオルです。ペーパータオルは一般に吸水力に優れています。 ペーパータオルは、絵を描くとき(特に絵の具をぬぐい取るとき)にも使うことができるので、 安売りしているときに安く買ってストックしておくとよいでしょう。

    

紙オムツ

水や油をたっぷり吸収させたいときに便利なものは、子供用の小さな紙オムツや成人用の尿パッドです。 比較的安価で、吸水力にとても優れているので、水などを捨てられずに持ち帰る必要があるときなどは特に便利です。

洗った筆の水分やブラシクリーナーを毛からよくぬぐい取るときにも、紙オムツを活用することができます。


重要な注意事項

オイルの中には、空気にさらしていると化学変化によって発熱するものがあります。 また、引火性があることにも注意しなければなりません。

オイルをしみこませたぼろきれや紙類、紙オムツなどを捨てるときには発火に注意する必要があります。 一般的には、小さなビニール袋に入れて、水をたっぷり含ませて口をしかっり縛って持ち運んだり捨てるのが良いでしょう。