伝統と新技術・開発

>伝統と新しいもの、そのどちらかを選ばなければならないわけではありません。

伝統と革新

伝統を重んじることと、革新的なこととは、相反することではありません。

デジタル機器を使ったいわゆるデジタル絵を伝統的な油絵に生かすこともできますし、 伝統的な絵画や彫刻などを補修したり復元したりするために、最新技術を活用することもあります。

伝統的な技法を使って伝統的な絵を描いている人でも、技術革新の恩恵を受けることができます (「デジタル絵」参照)。


開発

伝統を重んじたり保守的な考え方人の中には、開発という行為に否定的な人がいます。
たとえば、自然の丘陵が整地されて住宅団地や大規模ショッピングセンターができるのは破壊であると考えます。

しかし、現在人類の遺産と考えられているギリシアやエジプトの遺跡も、 建築(建設)当時は、なにもない丘陵や平野を新たに開発して作られたものです。

翻って、身近な美術の世界でも、いままさに開発している新しいものも、実は後世には価値ある遺物になるかもしれません。
そういう意味で、開発や変化を否定することは、未来の芸術を否定しているのと同じといえるでしょう。